« 「ローカル電車の旅」 | Main | 「雨のち曇りときどき晴れ」 »

September 01, 2012

「防災の日」

K10047020811_1209010750_1209010751_ 東日本大震災後に度々言われた「想定外」。
なんでもかんでも予測できるようになったことに準備ができるものと思い込み、起こりそうでも実際は起こらないことばかりが通常化していると気持ちが向かない。そんな防災訓練もお決まりの行事になっていた中での大災害。脅威をあらためて心に刻むできごと。記憶に新しいうちだからこそ、いっそう真剣になる。もちろん忘れないためにも。
昨夜に突然のフィリピン沖の大地震。全容はわからないままでも日本沿岸への津波警報で、緊張が走った。続々と発表される予測になんだか不安にかられるのも記憶に新しい地震の怖さ。
そしてこの時期に南海トラフ巨大地震の被害想定の発表。
今日の防災の日を前にさまざまな自然災害のニュース。
想定とはあくまでも前提としてのこと。
決して言い訳にならないということを、専門家政治家この世界に生きている全てのひとが学んだことばかり。
ぐんまは南海トラフ巨大地震の被害想定自治体には入っていない。・・・自然災害に強い県という風潮がかねてからあり、これが安心安全~安泰というふうに過信に拍車をかけるかも?!

|

« 「ローカル電車の旅」 | Main | 「雨のち曇りときどき晴れ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ローカル電車の旅」 | Main | 「雨のち曇りときどき晴れ」 »