« 「ラッピング教室」 | Main | 「物故(ぶっこ)」 »

November 06, 2010

「同窓会」

かつての15歳・・・少年少女は、いまや中年世代。
90どっぷり年月の流れを感じちゃうけど、一方元気にバリバリ働く世代よ ○○年ぶりの中学校の同窓会
実現したのも地元在住の幹事の働きによる。出席ときめてお出かけ。営業日のため午前中のしごとで早上がり。ひとり電車に揺られて、車窓の景色を眺めながらローカル線を北へ 会場は、街なかにあるウェディングホテル。
子どもの多い時代だから学年9クラスあり、テーブルは各クラスごと。学年主任、正・副担任の先生は10人出席。時代的にもかなりご高齢かと思いきや、意外に変わらぬ姿?とお元気さ、声の調子に感動すら憶える。あぁかつての恩師こそ、おいくつなんでしょ?
こういう会は、幹事こそすべての原動力。
これだけ集めることができるネットワークは、地元ならでは?またひとつの才能かも。Y君発起人とみなさんありがとう
ただひとつの共通点で集まる同級生とは、それだけで意義があるもの。
記憶が断片的なのに形骸化されて独り歩き。
昔のことのみを知る人がいて、愛称がそのままで、タイムスリップした不思議な空間が異様でおもしろいのかも。次回もあるかな?
卆寿を迎えた恩師からお赤飯~めでたい長寿
           (思わぬおみやげ付き)

|

« 「ラッピング教室」 | Main | 「物故(ぶっこ)」 »

Comments

The comments to this entry are closed.