« 「龍馬伝」 | Main | 「夏のポインセチア」 »

September 11, 2010

「土佐弁」

ココは、関東圏。だから一応標準語。
とはいえココでも年齢や男女では、ちょっとした特徴(語尾やらアクセント)に少し変化あり。
そこでこのワタシ、ことばのていねいさとアクセントも注意してお話しているつもりwink
独特の言い回しが土地ことばにはあり、地方色の表れ。
県民の違いを取り上げた番組もあったっけ~tv
Thum_0001_2さてまた「龍馬伝」ばなし。
主人公の出身は、高知土佐弁。
また各地の出身者が集うたびにお国ことばがあれこれ。さらにおはなしの舞台はあちこち移動するから、その土地ごとのことばが飛び交う。そこがいっそう混ぜこぜ状態の全国区で、ことばの違いを感じるトコ。いわゆる東日本は、あまり出てこない。幕末の中心の描き方が薩摩・長州・土佐~京都そして江戸。
史実は別にして、住んだこともないのでドラマを見ている限りの情報が全て。だから役者が使うことばがそのまま。だから鵜呑みにしちゃう。まぁハマっているうちは、まねしていますぅ。
『ごめんちやぁ~』m(_ _)m
『~しゆう』
『しちゅう』
『げに~まっこと』
『~ぜよ』 *マンガ版「おーい竜馬」読んでます。  

|

« 「龍馬伝」 | Main | 「夏のポインセチア」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「龍馬伝」 | Main | 「夏のポインセチア」 »