« 「ご当地限定品」 | Main | 「炎暑延々」 »

August 27, 2010

「エコ教育」

「エコロジー=エコ」とさかんに言われるようになったのは、2000年くらいからだろうか・・・。
早20年、まだ20年なのか・・・。日常生活の中で自然に身につくエコの精神ってなんだぁ?
もったいないエコ
ということでいいのかな~というキモチ
なんてったて世代感が大きいけど、平成生まれ~我が家のドラ君世代は学校の授業でいろいろ勉強してきた中でのエコ活動。
これが、どうも違うんだよねぇ・・・
正直違和感  
なんというか自分の世代では消費拡大していたし、さらにその上の親世代は、物資不足のもったいない精神がある。反面、高度成長期に消費拡大してきた世代であったり・・・。
転換期として過去のさまざまな反省からも方向を変えるのは時代の流れ。もちろん時は経ち、資源問題からも「地球を守ろう」になっているし、今さら異を唱えることはない。でもやっていることのウラ側も知りたい。温室効果ガスの排出量の取り決めや産業界など複雑すぎて?エコという情報のホントを、池上さんにレクチャーしてほしいかも~ 
何を今さらという中で、平成生まれの子らが身についた感覚と違う気がするだけ。
なぜか、家のなかでやたらに注文をつけて口うるさいドラ君。
それが気に入らないハハでした

|

« 「ご当地限定品」 | Main | 「炎暑延々」 »

Comments

The comments to this entry are closed.