« 「大祓い人形(おおはらいひとがた)」 | Main | 「ヒルクライム」 »

July 31, 2010

「守りたい」

子どもが犠牲になる事件事故が絶えない。
余りにも信じられない出来事に、驚きと憤りと憂うキモチが入り混じる。
少子化対策と介護社会保障問題は、常に両てんびん。
どちらも大事な命、幼子は自分では環境や大人を選べない。
だからいっそう行政や身近な大人たちの保護が必要のはず。
大人がサポートできなかったかと思うと、いたたまれない。
極端だけど、いっそ苦しまず泣きはらすこと無く息絶えたほうがよかったのではと思うほど。
あってはならないコトが多過ぎて、同じ受ける痛みなら少しでも取り除き、穏やかな選択を考えてしまう。
何に向けてなにを守れるのかも大人も迷う。
それでも両手に抱えるほどの子どもらを、せめて社会が守ってあげたいと切に願う

|

« 「大祓い人形(おおはらいひとがた)」 | Main | 「ヒルクライム」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「守りたい」:

« 「大祓い人形(おおはらいひとがた)」 | Main | 「ヒルクライム」 »