« 「Come on!」 | Main | 「緑のカーテン」④ »

August 06, 2009

「8月6日」

今日が広島原爆投下の日だということを、朝のNHKテレビの記念式典のようすで知る。
毎年行われている被爆地の広島を、テレビ局が放映。
当日ということで、朝の一大ニュースとして大きく取り上げていた子どものころからの記憶。それは、もちろん64年経った今でも変わらないその日。

今朝も同じような一日の始まり。
いつも朝の連ドラを見ているワタシにむかって、ドラーゴ君が
 「『つばさ』やってないよ、時間ずれているみたいだけど・・・?」
という親切な気持ちだろうひと言に、なぜか返す言葉が見つからず、「そう」と答える。
民放各社は、どこもここ数日の芸能ニュースで騒々しいばかり。たまたまNHKだからこそこの番組。ふと連ドラも忘れて、申し訳ないきもちになる。
それは、さらっと流しちゃったから?次の世代にもなにか言いたかったから?
歴史の中のできごとの重大さをちゃんと向き合える瞬間が必要。個々の中にいつも持っているといいのだけれど・・・
朝いちばんで知ることができてよかった

「戦争を知らない子供たち」だって、還暦のひとたち。おじいちゃんおばあちゃんになっている。
・・・語り部がいない限り、次の世代につながらない。

|

« 「Come on!」 | Main | 「緑のカーテン」④ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「8月6日」:

« 「Come on!」 | Main | 「緑のカーテン」④ »