« 「地球が静止する日」(2008・アメリカ) | Main | 「初雪」 »

January 08, 2009

「ありふれた奇跡」

脚本家・山田太一さんが好きだ。
単発のドラマは欠かさず見ていたので、ドラマ開始を楽しみにしていた。連続ドラマはとても久し振りだと思っていたら、なんと12年ぶりになるとか~見る前からしみじみしちゃう
  「ありふれた奇跡」 今日が第一回目。

タイトルから意味深。そして主題歌となるエンヤのメロディもまさしく表題どおり。この組み合わせにも驚くけどなによりもドラマのストーリーに、さらにジンときた。
この脚本家は、視点が今で、日常で、ごくまわりの身近なこと。そしてそのことばのどれもにグッとくる。
第一回の今日もなんていう展開なんだろう。始まりも続きも期待を裏切らず、さらなるつながりを楽しみになる。ドキドキが膨らむばかり
木曜部日が待ち遠しいぃ~

*力まない仲間由紀恵は、ふつうの女優だとあらためて知る。とてもかわいい

|

« 「地球が静止する日」(2008・アメリカ) | Main | 「初雪」 »

Comments

面白かったですねー!!!!!
二回目も楽しみですねっ!
早く見たい。スローでじっくり見てられる幸せ。
急展開もないし。安心してみられます。

Posted by: baniko | January 13, 2009 01:01 PM

ずいぶん話のテンポがぜんぜんちがうので、これは今風といえるかどうかわからないね。ちょっと時代にズレているかもしれないけど。
現代が抱える問題もちょっとちが角度から見ているところが、やっぱり山田太一さんらしい。
baniちゃんが好きな倉本聰とまた違うよね。
でも脚本家の色合いが好きだし、なによりも役者がいい。
たしかにスロ~な展開はほっとしますね

Posted by: dorago-madame | January 18, 2009 04:44 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ありふれた奇跡」:

« 「地球が静止する日」(2008・アメリカ) | Main | 「初雪」 »