« 「つづきのおわり」 | Main | 「夜中の地震」 »

May 07, 2008

「チャージ」

GW休みにお出かけのドラーゴ君に持たせた「Suica」カード。
チケットレスで、タッチしてGO
そこで、チャージして手渡した。往復とその他各線を乗り継ぐ分くらいの金額。都内の私鉄も使えて、経由を心配せずにあちこちスムーズ移動。映画やお台場にも行き、活用できたようだ。
あまりズル賢く?ないから、食べたりショッピングでは使わず、電車賃専用で返却。残金はそれなりにあるはず(確かめてないけど)・・・
ところが、ドラーゴ君に現金で預けたものは、返ってこない。
「チャージしてもらったよ。」
そんなはずない 使った分だけで(まさかのときの現金のつもり)、ちゃんと返金すべし
ところが、チャージしてもらったからと譲らない。人間にチャージするものか!この意味不明なことばは、あらゆる場面で使われる。預けたこと(貸した)と戻すこと(返す)、入・出金のことなのに・・・
中身の問題より、なんだかシステムをいいように使われた感じ。やっぱりズル賢い。手元において、どっちが使えるかを知ってのことか やられた~

|

« 「つづきのおわり」 | Main | 「夜中の地震」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「チャージ」:

« 「つづきのおわり」 | Main | 「夜中の地震」 »