« 「広辞苑・第6版」 | Main | 「ちりとてちん」 »

October 25, 2007

「遠そうで、近い。」

夕方突然に電話があり、東京に住む義姉夫婦が来訪。
用事があって宇都宮まで来たから、ついでにそっちも寄る、という。
おとなりの県とはいえ、横断する電車はあっても最速路線ではない。(・・・以前に利用したから承知のこと)
とすると、いったん大宮まで来て、高崎に向かうということ。東京を基点とした交通網は、電車も高速道路もひとつに集中し放射状にひろがっている。だから本線でも横とはつながりにくい。だから、長野・上越の高崎と東北の宇都宮はまったく別もの。
これって、ついでのうちだろうか?
そのまま東京へもどったほうがいいにきまっているが、あくまでも「電車に乗って出てきたついで」のことらしい。
なるほど、わからなくもないけど・・・
滞在4時間ほど、夕食を一緒にして10時半の新幹線に乗り、ぎりぎり今日中には自宅に到着かな。
乗り換え少ないので、近いといえば近い。
わざわざ来てくれて、うれしくありがたいことデス。

|

« 「広辞苑・第6版」 | Main | 「ちりとてちん」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「遠そうで、近い。」:

« 「広辞苑・第6版」 | Main | 「ちりとてちん」 »