« 「お誕生日ディナー」 | Main | 「本日のランチ」 »

October 01, 2006

「病院でのコト」

4週間前の自転車による転倒の傷みが、完治せず。
カラダの打撲や内出血は、消えたし痛みも取れたけどね。転んだ原因になっている左手小指が、ずっと違和感が残ったまま。
これは、もしかして骨でも折れている?なんて思い始めたので、念のため整形外科へ。ふだん縁がない専門医院へは、まず病院選びから始まる。だから余計遠のいてしまった。まぁ、店の近所とか、家から近いとかの理由で調べてみることからで、診療時間の案内を聞いたりして、ようやく出向くことになる。そこで経過を説明し、内診し、レントゲン写真を撮り、レーザー治療をし、握力を測った。
あぁ当たり前のようでいて、初診のときに状態や経過を、短時間のしかも初対面のドクターに、いかに簡潔に要領よく説明できる人は、どれだけいるのかしら? もちろん事前に受付で記入する問診表が、重要だけどね。
これって、患者の主張をどれだけ聞いてもらえるか、の真剣勝負よ。
どこかでチン、と鳴って何分か経過して、そこで先生が何かひと言で、おしまい。
自分の思うような(納得できる)内容だったりすることは、ほとんどない。
いつも未消化。そして、「ハイ、次のひと」となるのが、関の山。
その間、わずか数分のこと。自分の持ち時間は、実に短い。
だから、医師に過大なる期待は持っちゃあいけない。
ヒトがもつ生命力、回復力のみぞ、治す源よ!!と、いうキモチにいきつく。
だから、ちょっとのことでは、オタオタしないのさ。
なんてことをまた、ブツブツとつぶやいていたことだろう、私。
まぁ、「骨に異常なし」のレントゲンの結果。
内なる問題がなければ、経過をみるしかないってことだわ。
月・日こそ、特効薬となる。

|

« 「お誕生日ディナー」 | Main | 「本日のランチ」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「病院でのコト」:

« 「お誕生日ディナー」 | Main | 「本日のランチ」 »