« 「博士の愛した数式」(2005・日本) | Main | 「いつか使う日のために」 »

October 25, 2006

「数字の意味」

「博士の愛した数式」の作品から、あらためて思う「数字」について。
ただの数字に、「美しい」「潔い」とか、およそあてはまるとは思えない表現。しかし数学の博士が語ると、それだけでひとつのものがたりになる。
単なる0から9までの数の並びに、まるで何か意味をもたらすかのように。
年号、月日、番地、暗証番号、車のナンバー、記念日(誕生日)、電話番号…
あらゆる数字に、個々を識別させる役割を担っている。
あまりにも何気ないただの数字なのに、いのちを吹きかけられた感じがする。
携帯電話のナンバーポータビリティが始まった日。
番号11ケタに並んだ数字を見て、なにか特別な関係がないか探ってみたくなった。しかし、同じ数字が重なるだけで、ゴロがいいとしか思えない発想の貧困さ。
夕べに下4桁の数字で探してみようと誘ったが、だれも話にのらない、さみしさよ。ロマンがないわ・・・

|

« 「博士の愛した数式」(2005・日本) | Main | 「いつか使う日のために」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「数字の意味」:

» 車のナンバーについて [車のナンバーについて]
車のナンバーについて [Read More]

Tracked on October 26, 2006 05:20 PM

» 携帯電話番号ポータビリティ [ア・ラ・モード]
携帯電話番号ポータビリティとは? [Read More]

Tracked on October 28, 2006 07:45 AM

« 「博士の愛した数式」(2005・日本) | Main | 「いつか使う日のために」 »