« 「十五夜とランタン」 | Main | 「よそでの評判」 »

September 20, 2005

「映画あれこれ」

ごぶさただけど、時折レンタルして観てました。
tyanoaji新しい順に、《茶の味》なんだか、不思議なキモチにさせられるのほほんとした作品。ここは、どこ?どんな話?展開が読めず、呑みこめず、でも感性だけで納得した感じ。日本の田舎風景がいいなぁと思えるコトと、日常ののどかな生活から、いきなり世界・宇宙感に広がる壮大さが、おかしく楽しい。ぶっ飛び感覚。
toukyougennpatu《東京原発》フィクションとは思いつつ、現存の地名も含めお勉強になった感じ。しかも理由付けも含めて、エネルギー資源などのことも。ムッシュの選択で、何にも知らずに見ただけだけど、こんな映画があったのね。単純におもしろかった。
bigfish《ビックフィッシュ》映画館で観たムッシュがぜひお勧めというので。この監督作品が、描く独特のファンタジー世界らしい。想像をめぐらすことが、映像になったら、こんな感じ?という楽しさはある。クライマックスで、つじつまがあうところが、ジンとくるのかも。父の立場のムッシュには、いたくココロにしみたらしい。私は、いまひとつかな。

|

« 「十五夜とランタン」 | Main | 「よそでの評判」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「映画あれこれ」:

« 「十五夜とランタン」 | Main | 「よそでの評判」 »