« 「書くこと・続けること」 | Main | 「本日のランチ」 »

June 26, 2005

「【ファイト】鑑賞日記・・・13」

今週は、四万と東京が舞台です。

両親のギクシャクした感じはそのままで、また相変わらず情けないお父さんだけど、優ちゃんは新たな経験を積んでいきます。
いきなり琴子さんの仕事の手伝いに行くのもムリがあるけど、要は数多くの社会勉強のひとつよね。この琴子役の川原亜矢子にどうもギャップを感じる。ファッション誌の表紙を飾るモデルのイメージから、どうも脱却できない。いくら洗剤のCMでも大手スーパーのCMでも決して庶民的には、思えないから。だって、きれいすぎるんだもの。これって、消費者の購買力をホントに向上させるの?身近な奥様的な人がCMに出たのでは、やっぱりダメなのかしら。あまり近い存在より、手が届きそうでもっとオシャレな感じのほうが参考になる?美しいものへの追求かも。まっ、私の見解でした。
そのインテリアコーディネーターの琴子の仕事ぶりも紹介しながら、ますますダメさが目立つお父さんに、かえってエールを送りたくなりました。一度歯車がくるうと転落するのだろうか。子どもに見せてしまうありのままの自分。
身近な大人で親を反面教師にするのも、また子どもの成長です。
あぁ、耳が痛いぞぉ~。

|

« 「書くこと・続けること」 | Main | 「本日のランチ」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「【ファイト】鑑賞日記・・・13」:

« 「書くこと・続けること」 | Main | 「本日のランチ」 »